iwashi station

ワビサビ

アニメーションプロデューサー 「丸山正雄」

アニメーションプロデューサー 丸山正雄

※ wikipediaから引用させて頂いております。

 

1965年に知人の紹介で虫プロダクション(旧社)に入社。

1972年、虫プロダクションの経営危機に際して出崎統、りんたろう、川尻善昭らと共に独立して有限会社マッド・ハウス(現:株式会社マッドハウス)を設立し、1980年に代表取締役社長に就任(~2000年)。

劇場作品では今敏監督作『パーフェクトブルー』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』の企画・プロデュース、そして2006年には細田守の才能を見出し、『時をかける少女』の映画企画を細田に持ちかけ、実現。次作『サマーウォーズ』も担当する等、幾つもの作品に立ち上げから携わる。

2011年6月、原点ともいうべき阿佐ヶ谷にて、アニメーション制作会社・MAPPAを設立。

2016年4月には、MAPPA設立メンバーで後進の大塚学に社長を譲り、自身は会長に着任。同時期に「スタジオM2」を立ち上げ、社長に就任した。同年秋には、立ち上げから携わった片渕須直監督『この世界の片隅に』を送り出した。

 

1983年『はだしのゲン』

www.hitoyasu.com

 

2001年『メトロポリス』

www.hitoyasu.com

 

2006年『パプリカ』

www.hitoyasu.com

 

2009年『マイマイ新子と千年の魔法』

www.hitoyasu.com

 

2012年『おおかみこどもの雨と雪』

www.hitoyasu.com

 

1983年『ユニコ 魔法の島へ』
1986年『火の鳥 鳳凰編』

www.hitoyasu.com