iwashi station

少しだけ働く。ちょこっと投資。お買い物はダイエー。

積極的なリタイアと消極的なリタイアについて

今まで、同じ「セミリタイア」とか「早期リタイア」というカテゴリで生きている人でも積極的に行動される方と、そうでない方がいることを、ちょっと不可解に思っていたのです。

 

ひとやすは、そうでない人の方なのです。よくよく考えてみましたら、不可解も何も単に性格の問題なのでした。

積極的な性格の人と消極的な性格の人がいるというだけの話しなのです。

 

なにが不可解だったのかと言いますと、積極的な性格の方のブログを読みますと、いろいろと行動されていて、こういうふうに、もっと自分の時間を有意義に使わなくちゃダメなんじゃないかとか思っちゃうわけなのです。

でも、自分の中で何か違う感があったのです。

 

なんで同じカテゴリに属しているのに、何か違う感があるのかがよくわからなかったのです。

しかし、人の性格はそれぞれですからね。そりゃ違って当たり前なのです。

 

しかしながら、消極的なリタイアって、ただの引きこもりみたいなものなのです。

だから、何かしなきゃって思うのですが、何かしたいわけじゃないのです。そもそも消極的な性格なのです。

 

しかし、引きこもりではなくリタイアなのです。でも世間的には引きこもりな人にしか見えないのです。これ、どうしたら良いのでしょう。

いや、どうしたら良いのかなんて聞いても仕方ないのですが。

 

でもまあ、自分の中で何か違う感があって、それが何なのかがわかっただけでもすごい大発見をしたような気持ちになって、この文章を書いているのです。

まさに、どうでもいいのですけれど。

 

うーん、消極的なリタイアっていうのがあってもいいのかなって思って、とりあえずそれを全肯定していこうと思うのです。

なんだか、すごいどうでもいいことを書いているのですが、ここのところはリタイアするにあたって意外と重要なことのようにも感じられるのです。

 

f:id:hitoyasu:20170324080228p:plain