iwashi station

少しだけ働く。ちょこっと投資。お買い物はダイエー。

「Mastodon」(マストドン)やってみたのです

こんにちは、新しいものがあまり好きでないひとやすです。

f:id:hitoyasu:20170207213729j:plain

 

「Mastodon」(マストドン)

www.itmedia.co.jp

 

また何か新しいSNSサービスが出てきたようでして、ひとやすは、まったくもう新しいものにはついていけないのですが、なんかとても話題になっているから、ちょっと試してみようかなって思ったのです。

 で、この「Mastodon」(マストドン)というサービスは、内容はほぼツイッターと同じなのです。

 もう既にやってみてる方も多いかもしれませんが、何が違うかと言いますと「運営されるサーバが分散型である」ことなんですって。

そんなこと言われても、もう何のことやらなわけですね。実際やってみますと、おおよそ意味はわかって、ようするに内容はツイッターと同じなんだけど、いろんな人がツイッターのようなサービスを運営できるってことなんですね。

 

だから、上の記事にあるように大学院生の「ぬるかる」さんなる人も「mstdn.jp」という「Mastodon」を立ち上げることができると。「Mastodon」ではそのひとつひとつのサーバーのことを「インスタンス」って呼んでいます。

「ぬるかる」さんの場合は、あまりにもその個人で立てた「Mastodon」のインスタンスが大きくなりすぎて運営が大変になってしまったから「ドワンゴ」社に入社したっていう経緯みたいですね。

 

利用者は自分の好きな「インスタンス」にユーザー登録するわけですけど、別のインスタンスにも繋がっていて、「連合タイムライン」でそれをみることができるようになっているのです。

で、「連合」なわけですから、たくさんのユーザーがいてものすごいスピードでタイムラインが流れていく。それがいわゆる「祭り」状態に似ていて、それをみているだけでも、なんだか面白いなあと思うわけですね。

今のところ、なんだか面白いなあっていうくらいの感想なのですけど。

 

過去の記事

「メトロポリス」 りんたろう監督 - ひとやす

 

スポンサーリンク