読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわし・ステーション

映画と本と音楽と人生

無能な人間のための人生戦略大全 (5)

スポンサーリンク

こんばんは、ひとやすです。

「無能な人間のための人生戦略大全」なのです。

いったいこのタイトルで何回書くつもりなのか?と聞かれると、困るのです。きっと何らかの結論がでるまでは書くのです。

しかし、無能な人間がいくら考え続けても、結論がでないとしましたら、ずっと書き続けることになるのです。

それは、いずれにしても、難しいことなのです。

人生戦略を考える上での方向性

そんなわけでですね、何か結論を出すための方向性を少し考えてみようと思うのです。

1つは、「有能になる」という方向性と、「無能のままでいる」という方向性。

もう1つは、「ゼネラリスト」になるという方向性と、「スペシャリスト」になるという方向性。

という4つの方向性を考えてみたのです。

ここで、いちおう自己ツッコミをしておきますが、「有能になる」という選択肢はあり得るのか?ということですね。どう考えても「無能」な人間が「有能」になるのは難しいのです。

まあ、いいのです。「無能」な人間というのは、だいたい一度は「有能」になりたいという夢を見るのです。したがいまして、選択肢としてはアリなのです。

そういうことにいたしまして、

  1. 「有能なゼネラリストを目指す」
  2. 「有能なスペシャリストを目指す」
  3. 「無能のままゼネラリストを目指す」
  4. 「無能のままスペシャリストを目指す」

というふうにマトリクス的に考えてみることにするのです。

しかしながら、「無能なスペシャリスト」って、すでに「いらない子」のようにも感じられます。

そもそも的にひとやすは、「マトリクス的な思考方法ってあんまし意味ないんじゃない?」とか思ったりするので、これで良いのです。

そして、「無能なスペシャリスト」ってなんだか面白いなとか思ったりもするのです。

でも、テレビとかに出てくる何かの専門家の人って、あんまし役に立たない感じもするので、意外と「無能なスペシャリスト」っているのかもしれませんけれども。

そんなわけで、いろいろとツッコミどころ満載にして、今日はここまでなのです。

f:id:hitoyasu:20170324080209p:plain

過去の記事

無能な人間のための人生戦略大全 (4) - ひとやす