iwashi station

少しだけ投資、少しだけ働く。あとはだいたい寝ています。

 

 

「アイ・アム・サム」をみた

こんばんは、

今日、dTVで「アイ・アム・サム」をみて、

4度、号泣したひとやすです。

「アイ・アム・サム」知らない

「アイ・アム・サム」は、ショーン・ペン主演、2001年のアメリカ映画です。

映画に詳しくないひとやすは、

「アイ・アム・サム」という作品を知りませんでした。

きっと有名な作品なのです。

そもそも、ショーン・ペンという俳優さんについても、よく知らないのです。

映画好きな人からしたら「ショーン・ペン」を知らないって、

どういうことなんだ?って思われてしまうのかもしれません。

 

「アイ・アム・サム」は知的障がいのある父親と娘の「親子愛」の物語であり、

現代社会のちょっと「ひずんだ」部分を描いている作品です。

「知的障がいのある父親と娘の物語」という時点で、

「号泣」系の映画であることは察しがつくかと思います。

しかし、決して「障がい」そのものがテーマではありません。

 

ひとやすは、この映画の評価をよく知りません。

きっと、ネットを検索すればいくらでもこの映画の映画評が出てくるでしょう。

しかし、この映画に関しては検索しないことにしました。

 

そして号泣

さて、「アイ・アム・サム」という作品ですが、

ショーン・ペン演じる父親のサム、

ミシェル・ファイファー演じる腕利きの弁護士・リタ、

そして、ダコタ・ファニング演じる娘・ルーシーが、

主な登場人物です。

  

号泣します。

それは、登場人物の誰かに感情移入するためでしょう。

サムでしょうか、リタでしょうか、ルーシーでしょうか。

それは、ひとによって、それぞれでしょう

 

娘のルーシーをダコタ・ファニングが演じます。

ダコタ・ファニングは天才子役と言われたそうですが、

たしかにそうでしょう。

時折り見せる、大人びた表情から、

それぞれのシーンが「そのシーンはどういう意味をもっているのか?」ということを

きちんと理解したうえで、演技をしているように見えるのです。

 

また、この作品は映画としても秀逸です。

リタがサムの家に行き癇癪を起こしたようにドアを蹴破るところから、

リタが自分の中に閉じ込めていた感情を打ち明けるまでの流れはとても良いのです。

 

f:id:hitoyasu:20170405214238j:plain

「名作」をみたと思う

ひとやすは、久しぶりに「名作」を見たのです。

そして、それゆえにこの作品の映画評を検索しないのです。

人がどう感じたか?ではなく、

自分がどう感じたか?が大事だと思うからなのです。

 

もし良かったらこちらもお読みください

「マレフィセント」をみた (2) - ひとやす