読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわし・ステーション

映画と本と音楽と人生

無能な人間のための人生戦略大全 (2)

スポンサーリンク

こんにちは、

今日も「無能な人間のための人生戦略」を考えてみるひとやすです。

無能とは

無能といっても、いろんなタイプの無能があるでしょうから、

まずは、ひとやすの言う無能とは、どんな無能を指しているのかを

定義するのです。

ひとやすの言う無能とは、ひとやすみたいな人間のことなのです。

つまり、どういうことかといいますと、

知能指数は平均未満。

ひとやすは、いちおう大学を卒業していますけれども、

三流大学なのです。偏差値的に平均より下なのです。

ひらたくいえば「勉強ができない」なのです。

運動神経も平均未満。

ひとやすは、運動音痴なのです。

ひらたくいえば「うんち」なのです。

10段階評価で、2とかだったのです。

正直、なにかの発達障害を疑うべきくらいの運動音痴なのです。

まあ、ひとやすほどでなくても、運動神経も平均未満の人ということにしましょう。

「勉強ができない」、「運動音痴」、

あとは芸術方面に少しでも才能があるなら、

そっち方面に活路を見出すことも可能でしょうけれど、

そっち方面もまるでダメなのです。

「勉強ができない」、「運動音痴」、「芸術方面もダメ」。

ひとやすの言う無能の定義は、これです。

  • 知能指数は平均未満。
  • 運動神経も平均未満。
  • 芸術的な才能も特にない。

まるで良いところがありませんね。

突出した何かでなくても、何か1つくらいは、

多少、人より上手くできることがあってもよいと思うのですが、

まるでだめおなのです。

じゃあ、どうしたらいいのさ!(半ギレ)なのです。

f:id:hitoyasu:20170323225906j:plain

コミュニケーション能力

ここ昨今の日本社会では、コミュニケーション能力というものが重要視されているのです。

こうやっていろいろ考えてみますと、コミュニケーション能力というのは、

無能な人間にとって、最後の砦なのかもしれないのです。

しかしながら、ひとやすは「社交不安障害」であって、

したがって、コミュ障なのです。

どこをどうとってみても、「まるでだめお」なのです。

無能であること

では、無能であることを全肯定してしまえば、楽になれるかもしれません。

しかし、無能な部下をもったために、胃の痛い想いをしている中間管理職の方々も、

世の中にはたくさんいらっしゃるでしょうから、

そうした中間管理職の方に申し訳ないので、

無能であることを全肯定するのも良くないのです。

ひとやすは、中間管理職に優しいのです。

 

無能な人間のための人生戦略大全 (1) - ひとやす