iwashi station

絶賛絶望中

動画配信サービス、映画のこと

こんにちは、ひとやすです。

 

動画配信サービスに登録

こないだ、テレビで映画を見ていたら、ああやっぱり映画っていいものだなあと思ったのです。なものですから、午前中は動画配信サービスに登録していたのです。

動画配信サービスはどこが良いかよくわからないのですが、インターネットで検索してみますと、だいたいが、Hulu、Netflix、U-NEXT、dTVがおすすめみたいなのです。

中でも、dTVが一番おすすめのように書かれていましたので、dTVに登録してみたのです。

docomoが運営しているサービスということで、docomoのサービスにユーザー登録するのですけど、docomoユーザーでないひとやすにとっては、とても違和感を感じてしまうところなのです。これまで一度もdocomoを使ったことがないのです。

でもまあ、31日間無料だというので、登録したのです。

f:id:hitoyasu:20170324080228p:plain

宮崎駿の作品

ひとやすは、映画は好きなのです。率直にいいますと、映画というよりは、宮崎駿の作品が好きなのです。これまでで一番好きな映画は何かと聞かれたら、間違いなく「天空の城ラピュタ」なのであります。

宮崎世代ですからね。でも、厳密にいっておきますけど、宮崎駿が好きなのではなく、「宮崎駿の作品」が好きなのです。まあそこのニュアンスにこだわる必要はなく、妙なところをこだわるのは、やっぱりぼくは、ちょっと発達障害ぎみなのかもしれないのです。

 

オタクの市民権

いまでは、オタクというものがある程度、市民権を得ていますけれど、ぼくらのころは、オタクというのはカースト的に低い階級だったのです。アニメ=オタクと見なされていたあの時代に、宮崎駿のアニメ映画が成功したのは、「宮崎駿のアニメ」は「大人が見ても楽しめる」映画と言われていたからなのです。

たぶん、プロデュース側では「大人が見ても楽しめる」アニメ映画というイメージ戦略もあったのだろうと思うのです。

ともかく、ひとやすは「宮崎駿のアニメ映画」が好きなので、このブログでもまた書くと思うのです。