iwashi station

少しだけ投資、少しだけ働く。あとはだいたい寝ています。

 

 

卒業文集

こんにちは、ひとやすです。

 

卒業文集

小学校の卒業文集とかで、

将来の夢とかを書くというのが、よくあると思うのです。

f:id:hitoyasu:20170223223940j:plain

 

例えば、野球選手になりたいとか、

サッカー選手になりたいとか、

ノーベル賞をとりたいとか、書くわけですけど。

 

っていうのに、ずっと違和感があったわけです。

だって、ほとんどの人にとっては、

そんなの実現不可能でしょう?

 

もっと現実的な夢を書くべきだって、

小学校の頃、思っていたのです。

 

しかしながら、サラリーマンになりたいとか、

そんなの、小学生が書かないですよね。

サラリーマンってものに、夢ないですもの。

 

しかし、サラリーマンて職業でないか。

勤務形態のことですね。

 

日本一の営業マンになりたいとか、

日本一の技術職になりたいとかなら、

現実的のようにも思える。

 

あるいは、自動車業界で働きたいとか、

製薬業界で働きたいとかなら、

現実的である。

 

となると、まるで就活のようだ。

 

でも、小学6年生なら、将来の自分がどうやって稼ぐか?

少しは考えておいた方が良いようにも思う。

 

高校生くらいの年齢で、

ある程度、将来が決まって来るから、

そうすっと、4~5年のうちに現実がやって来るわけで・・・。

 

 

 

スポンサーリンク